つばめのおうちTOPページへ
 
つばめFamily > Toys&Games > 積み木・ブロック > 積み木 > 床上積木 > 【完売】 大型床上積木★大きな積み木で真剣に遊びたい子へ
おしごとつばめ > 恩物・積木(フレーベル館オリジナル) > 床上積木 > 【完売】 大型床上積木★大きな積み木で真剣に遊びたい子へ
前の商品 【完売】 大型床上積木★大きな積み木で真剣に遊びたい子へ 次の商品
【完売】 大型床上積木★大きな積み木で真剣に遊びたい子へ

商品コード : 131100
価格 : 43,780円 (税込)
数量
 
はじめのブロック PolyM(ポリエム)特集 教材特集

大型床上積木★大きな積み木で真剣に遊びたい子へ


大型床上積木のイメージ写真とサイズ

重量感のあるピースが60個ぎっしりつまった積み木です。

この頑丈さがポイントとなって一番使われているのは、どこだとお思いになりますか?
はい、答えは、「園」です。
幼稚園・保育園ではたくさんのお子さまがいろいろな使い方をしますし、
なるべく長く使えたほうがいいので、人気というわけです。

同じくフレーベル館オリジナルの「保育積木」は『正確にぴったり合う』ことを重視して、
わざと面取りをしておらず角(辺)が鋭くなっていますが、
こちらの「床上積木」は、面取りがしてあります。

ピースの種類は6種類とシンプル。
素朴で迫力のある造形が楽しめるでしょう。



●大型床上積木で遊ぶ子どもは、どんな様子?

■たとえば、「家を作る」とします。
 
2〜3歳児くらいですと、はじめはひたすら“積む、並べる”から始まります。
また、こういった作業に関心のないお子様もいます。

だんだんと、“家の形にしようとする”、“家らしく見える”になってきます。

4歳児くらいになると、立体的に作ろうとするお子さまが多くなってきます。
こうなると、どんどん伸びてきて、5歳児・・・いわゆる年長クラスになるころには、
かなり大きなスケールで立体的に作る姿がみられます。

■たとえば、「階段を作る」とします。

こちらも、まだ時期がきていないお子さまには、はじめのうちはむずかしいです。
そんなときは、自由にさせてあげてくださいね。

でも、お母さまや先生がなにげなく(なにげなくがポイント)作っておいたりすると、
だんだんと“見本と同じに作ろうとする”姿が出始めます。

「床上積木」は、文字どおり床の上に広げてダイナミックに楽しむものですので、
大きな階段や建築ができるようになると、お人形を乗せたり、
電車の駅とレールを作ったり・・・と、ほかの遊びにも発展して楽しいものです。 

積木の楽しさの和を、広げましょう!



中型床上積木小型床上積木小型床上積木(小セット)と同じシリーズ。
それぞれ基尺が異なりますので、目的にあったものをお選びください。


このおもちゃが楽しめる年齢:2歳・3歳・4歳・5歳・6歳〜
対象年齢:幼児
※対象年齢以下のお子さまが遊ぶ際には、必ず大人がそばについていてあげてください。

サイズ:(大型ケースの大きさ)30.2cm×30.2cm×29.5cm
基尺:6.8cm
ピース数:60ピース
材質:木製
原産国:日本  
製造元:フレーベル館オリジナル





フレーベル館のオンラインショップ/つばめのおうち【通販・ショッピング】

最近チェックした商品









商品のご案内 お買いもの 会員サービス つばめのおうちは、株式会社フレーベル館が運営する公式オンラインショップです。
- つばめFamily ご家庭向けラインナップ
- おしごとつばめ 主にお仕事でご利用の方向け
- ご利用ガイド
- よくある質問
- 新規会員登録
- 会員情報修正
- ログイン/ログアウト
- マイページ

ベビ―/ギフト
誕生日/ギフト
アンパンマン

恩物
教材/ワーク
おもちゃ/ゲーム
月刊誌バックナンバー
FDS製品
子ども部屋/トイレ
視聴覚用品/楽器
新学期用品
先生向け
キンダーブック月刊誌バックナンバー 保育ナビ・幼児の教育バックナンバーはこちら 会社紹介  |   利用規約・個人情報保護ポリシー  |  特定商取引法表示  |  お問い合わせ サイト内の画像、写真、動画、文章等の無断でのコピー、複製、転載を禁止します。
COPYRIGHT ©フレーベルオンラインショップ つばめのおうち All Rights Reserved.
フレーベル館のその他のサイト おうちでキンダーブック
  つばめのおうちの姉妹サイト。
  フレーベル館の月刊誌の定期購読のサイトです。
フレーベル館コーポレートサイト 
  株式会社フレーベル館のサイトです。
株式会社フレーベル館 オンラインショップ公式twitter

プライバシーマーク制度について(JIPDECのサイトへ)